Main visual

ONE TOKYO APPの楽しみ方

目指せクラスアップ!

ONE TOKYO APPには、ランナーの走力を表す6つのクラスがあります。
ランの実績によって、アプリがあなたのクラスを自動で判別。基準タイムを上回れば、翌月からクラスアップします!

Class list

毎月1日にスタートする月間ランキングは、クラスごとに開催。近い実力のランナー同士が競い合います。
良いタイムを出せば、一気に飛び級をすることも可能です。より高いクラスを目指して、最高のランを記録しましょう!

※初めてアプリを利用するランナーはジョガークラスのランキングに参加します
※より高いクラスの判定を持つランナーも、過去4ヶ月のあいだに基準タイムを満たすラン登録がない場合は、ジョガークラスへ降格になります

ONE TOKYO APP 基準タイム

クラスの昇格の条件になるONE TOKYO APP基準タイムは、日本陸連ランニング普及部長、上級コーチ/国際武道大体育学科教授の前河洋一氏監修の計算式により、ランナーのフルマラソン相当の走力を評価します。
アプリを使って、マラソンの実力を測ってみましょう。

ONE TOKYO APP 基準タイム

クラス名基準タイム基準タイム基準タイム
(規定距離 : 10km / 10K)(規定距離 : 21.0975km / HALF)(規定距離 : 42.195km / FULL)
サブ3ランナー39分00秒1時間24分00秒3時間00分00秒
サブ3.5ランナー44分40秒1時間36分20秒3時間30分00秒
サブ4ランナー50分00秒1時間46分40秒4時間00分00秒
サブ4.5ランナー55分00秒1時間57分20秒4時間30分00秒
サブ5ランナー1時間00分00秒2時間07分40秒5時間00分00秒
ジョガー条件なし条件なし条件なし

※不正の疑いがある、記録精度が著しく低いなどの理由によって、事務局によって無効なランと判定される場合があります。無効なランはクラス判定対象にはなりません

マンスリーバーチャルマラソン(MVM)

クラスを超えて参加できるマンスリーバーチャルマラソン(Monthly Virtual Marathon: MVM)が毎月第二土曜日に開催されます。
日本中のランナーが大会時間に一斉にラン開始。場所を越えて競い合えば、月間ランキングとは違う一体感を味わうことができます。

MVMは上級ランナーと直接競い合うことができる貴重な機会でもあります。基準タイム以上で走れば、クラス判定の対象ランにもなりますから、クラスアップも目指すことができます。力試しをしてみましょう。

マンスリーヴァーチャルマラソン開催

ONE TOKYO APP

走る人たちを”ひとつ”につなぐ
ランニングアプリ。

Android 5.0 以降
iOS 9 以降

お問い合わせ

  • TEL 03-6635-5349
  • (土、日、祝日をのぞく10:00〜17:00まで)
  • Eメール info@onetokyo.org

ONE TOKYO 事務局

  • © Tokyo Marathon Foundation
  • All Rights Reserved.